Apricot tree yoga
日々、ヨガ勉強中

プロフィール

会社員として働いていた頃に、運動不足解消になんとなく始めたヨガですが、気づけばもう15年以上経ちます。

最初はカルチャーセンターやジムのクラスに参加していました。

たいして運動が得意ではなかったわたしにとってヨガとは、それほど無理もなくできる、「ちょっとハードなストレッチ」でした。

 

ある時、タイに滞在中にたまたま参加したヨガのクラスでわたしは衝撃をうけました。

恰幅のいい全身白い服を着た男性のインド人Dr.のヨガクラスは、最初にマントラを唱え、瞑想をし、アーサナをするという、今思えば伝統的なヨガだったのですが、初めて味わった自分の内側のシーンと静まり返るものへの信じられないほどの集中と、ものすごい落ち着きを感じました。

先生はあれこれ細かい指示はなく、アーサナをぱっと見せて指導してくれるのですが、気づけば自分の近くにいたり、遠くにいたりして、空間移動をしてると思ったくらいです。

タイに滞在中、出来る限りたくさんの彼のクラスを受けましたが、とても素晴らしいものでした。

 

その時に、わたしははじめて、「ヨガをもっと深く知りたい」と思いました。

その後、日本で全米ヨガアライアンスを所得し、日本人そしてインド人の素晴らしいヨガの先生たちと出会い、一緒に学ぶ仲間たちと出会いました。

ヨガ哲学や、アーユルヴェーダも学び、実践中です。

本当に有難いことに、今はヨガの講師としてのお仕事もいただく機会も得ています。

 

わたしは日本と海外を交互に数年ずつ住む生活をしていますが、日本にいて思うのは、心を整えることの難しさです。

医療のレベルは高く、代替医療の選択肢も多く、あらゆる運動ができる日本ですが、心が病んだ時に救いになるものがとても少ない気がします。

ヨガは、アーサナで身体を整え、プラーナヤーマで呼吸を整え、瞑想で心を整えていきます。

わたし自身、人生で心を病むことは何度もあり、いつもヨガで救われてきました。

そのヨガで周りに恩返しができたらいいな、どんな人の心にでも寄り添えるヨガを提供できたらいいなと思い、日々勉強中です。

 

全米ヨガアライアンス500h終了/楽健法中伝セラピスト/スリランカ政府認定アーユルヴェーダアドバイザー

※Amazonのアソシエイトとして、当メディアは適格販売により収入を得ています